この度は、Wowooトークンエコノミーの参加者増加とトークンの流動性向上を目的にWowbit (WWB)とWowbit Classic (WCC)の2つのトークンを中国に拠点を持つ世界クラスのデジタル資産取引プラットフォームを構築するビットアラジンに上場する事を報告いたします。

中国はWeChatPayなどの電子決済が普及しておりキャッシュレス化が一般的となっている事に加え、アリババやテンセントなど中国発のプラットフォーム企業も中国政府の後押しを得ています。また昨年、中国政府は仮想通貨取引の規制緩和実施後、サイバースペース・アドミニストレーション・センター(CAC)も2019年に向けた規制案を報告し、ブロックチェーンの国際基準作りを目指しているなど積極的に活動しており、弊社は今後も中華圏に注目し行動する所存です。

ビットアラジンは最近リリースされた新興取引所ですが、日本と韓国の上場企業、機関投資家からの出資が決定している注目の取引所です。ビットアラジンチームはプロフェッショナルで安全、便利、かつ標準化されたワンストップデジタル通貨資産取引サービスをユーザーに提供するグローバルなデジタル通貨資産取引プラットフォームの構築に取り組んでいます。従来型の資産からデジタル通貨資産への社会的富の加速的な流入の波の中で、デジタル通貨資産取引プラットフォームもまた大規模化、多様化の方向に発展しているため、ビットアラジンは常にさまざまなアプリケーションに対応したターゲットソリューションを提供し、製品を継続的に最適化し、サービスエクスペリエンスを向上させ、ユーザーに最大限の投資価値をもたらすユーザーのニーズに集中しています。

www.bitaladdin.com

詳細な取引開始時間等につきましては改めてご案内させていただきます。

また、WWBにつきましては早い段階でもう3取引所への上場を調整中であり、流通量やトークン認知度の向上だけでなく、各国のレギュレーションに見合うコンプライアンスの構築を最大限行って参りますのでご期待ください。

アフェリエイトボーナス優遇の登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です